昭和24年10月創刊

メニュー
メニュー
連載小説

連載小説 英雄たちの経営力 第3回 徳川家康 その5

秀吉と家康の考え方の違い

 同じ天下人でも、秀吉と家康の考え方は明らかに違う。秀吉は海外との交易や鉱山を独占することで巨万の富を築いたが、その富を注ぎ込んだのは、自らの権力を誇示するための普請作事に限られた。つまり巨大城郭、豪壮華麗な屋敷、大仏などだ。その反面、農民たちが望む治水や新田開発には関心を示さなかった。

 これは豊臣政権が国家統治ビジョンを持たず、単に軍事的に勝ち上がった結果、政権を担うことになったことを端的に表しているだろう。こうした初代がいる限り、仮に豊臣政権が何代続いたにしても、政権の基盤は安定せず、民は困窮し、各地で一揆が起こっていたはずだ。それだけ初代は大切なのだ。

続きは本誌紙面を御覧ください

伊東 潤
矢野 元晴