昭和24年10月創刊

メニュー
メニュー
連載小説

連載小説 英雄たちの経営力 第3回 徳川家康 その1

徳川家康

凡庸(ぼんよう)な男から天下人へ

 家康については、これまで小説、エッセイ、ノンフィクションなど様々な角度から書いてきた私だが、今回は新たな視点、とくに天下政権の経営面から家康を掘り下げていきたいと思う。

 家康がなぜ天下人となり、その創設した江戸幕府が二百六十年にわたって続いたのか。それには様々な要因が考えられる。だが根本的な理由は、家康の人間性にあるのではないだろうか。

 家康という男を一言で表すと、「凡庸」だろう。拙著『峠越え』の中で、私は太原雪斎(たいげんせっさい)( 今川家の軍師) の言葉としてこう書いた。

「衆に秀でた者は己を知ろうとせぬ。それに反して、凡庸な者ほど己を知ろうとする」

「乱世ではな、己を知る者ほど強き者はおらぬのだ。そなたは凡庸な己をよく知っておる」

「凡庸でなければ越えられぬ峠があるのだ」

続きは本誌紙面を御覧ください

伊東 潤
矢野 元晴