昭和24年10月創刊

メニュー
メニュー
編集部より

東急百貨店本店営業終了後の「Shibuya Upper West Project(渋谷アッパー・ウエスト・プロジェクト)」再開発計画概要を発表

7月21日、東急株式会社 、LVMHグループの投資会社L Catterton Real Estate(以下、LCRE)、株式会社 東急百貨店 は 、3社共同で推進する「Shibuya Upper West Project(渋谷アッパー・ウエスト・プロジェクト)」の計画概要を発表した。

渋谷アッパー・ウエスト・プロジェクトのキーコンセプトは「Tokyo’s Urban Retreat」。都会の喧騒の中に安らぎと寛ぎを提供する。東急百貨店渋谷の閉店とともに渋谷の街が生まれ変わることになった。

地下4階~地上36階の複合ビルには、商業施設を始め、洗練されたライフスタイルを提案するリテール、ワールドクラスのスモールラグジュアリーホテル、ハイクオリティな都市型居住を実現する賃貸レジデンスを有し、隣接するBunkamura(地下2階~地上8階を建設予定)とのアート&カルチャーにおける融合により、渋谷の新しいランドマークを目指す。

建築デザインには、国際的に高い評価を得ているノルウェーの建築・デザイン事務所「Snøhetta(スノヘッタ)」を起用することが決定した。

ホテルは、「Swire Hotels(スワイヤー・ホテルズ)」が展開し、クリエイターやエグゼクティブに幅広いファン層を持つコンテンポラリーラグジュアリーブランド「The House Collective(ザ・ハウス・コレクティブ)」が日本初進出する。

東急百貨店本店は、2023年1月31日に営業を終了し、新しい複合ビルは2027年度の竣工を目指す。隣接する「Bunkamura」はオーチャードホールを除いて23年4月上旬から休館する。

東急百貨店公式サイト