昭和24年10月創刊

メニュー
メニュー
編集部より

福袋の進化~2022年福袋は

毎年多くの方が楽しみにしている福袋の販売

今年も各百貨店では様々な趣向を凝らした福袋を用意しているようです。

福袋はいつ頃から始まったのでしょう

福袋の誕生

福袋とは 

福袋の由来は、七福神であり福の神として有名な大黒天が抱えている、幸福が入っている大きな袋にあるといわれています。福袋は、原則中身がわかりません。お正月の初売りで売られているのが一般的ですが、中身が見えないので、新年の運試しのような意味合いもあります。最近では中身がみえる福袋や初売りではない時期に販売されることも多いようです。高島屋公式HP

福袋が誕生した歴史については、諸説あります。

福袋が誕生した説として、有力とされているのが、江戸時代に誕生した説と明治時代に誕生した説の2つです。

大丸松坂屋公式HPより

越後屋と大丸による江戸時代誕生説

福袋の誕生は、江戸時代にまで遡ります。福袋の原型は「恵比寿袋」が始まりといわれています。恵比寿袋を販売していたとされるのは、日本橋の呉服店の「越後屋」です。冬物の売り出し時期にあわせて、1年の裁ち余りの生地を袋に入れて販売していたところ、江戸で評判になったといわれています。また大丸の前身となる「大丸屋」でも、10月に行われる恵比須講と正月初売りに大売出しを行い、同じように端切れなどを入れた福袋を販売していたという記録が残っています。

鶴屋呉服店といとう呉服店による明治時代誕生説

福袋が誕生した時代として、2つ目に有力なのが明治時代です。江戸時代の福袋が確認される前は、明治時代に入ったころに存在した、松屋の前身となる「鶴屋呉服店」が福袋の販売を始めたとされています。また松坂屋の前身となった「いとう呉服店」が「多可良函(たからばこ)」と名付けられた、福袋の販売を始め大変な人気だったと伝えられているのです。
このように、福袋の起源については諸説あります。福袋の原型といえる「恵比寿袋」を始まりとすれば、起源は江戸時代ですが、明治時代に入ってからの鶴屋呉服店の福袋を発祥ともみなす説があるのです。

福袋はこのように歴史があり、毎年楽しみなお正月の風物詩として百貨店の大きなイベントの一つとなりました。どこの店舗も福袋をたくさん売って、景気よく1年をスタートさせたいことから、様々な趣向を凝らした福袋を用意しています。近年では、新型コロナ感染症の影響もあり、ほとんどの店舗が 10月ころから オンラインショップで予約販売をスタートさせています。注目度が高くすでに完売している商品もあるようです。コロナ第5波が収束した今、2020年の初売りは、店頭での福袋購入にも人が集まりそうですね。

新時代の福袋

時代を反映して福袋の中身も変化を遂げてきました。近年では、食品、衣料品、コスメ、日用品やそれぞれの高級品の人気が高いようです。また、体験型福袋の内容の進化が著しく、予想を超えた新しいものが次々と現れワクワク感を提供してくれています。

新時代の福袋に注目してみました。

阪急うめだ本店

サプライズなギフト福袋2020

・自宅がレストランに!
 「人気フレンチレストランシェフの出張料理福袋」 限定3組様(1組につき8名様まで)300,000円

・「入学メモリアルムービー福袋」 限定2名様 100,000円(2022年入学のお子様対象)

・「入籍の記念に写真を残したいカップルへ

 宿泊&ディナーもセット!リーガロイヤルホテルフォトウェディング福袋」 限定1組様 300,000円

・「パーソナルレッスン体験福袋」 女性限定3名様 35,000円

 アメリカ IFBB Bikini PRO野田真奈がプロデュースする大阪市西区北堀江にある部位特化型のトレーニングジム「BOOTY FITNESS」で4回のパーソナルレッスンを実施。   

このほかにも、様々なサプライズな福袋が用意されています。サプライズなギフト福袋2020

西武池袋本店

・「気軽に八ケ岳の自然を満喫!森林浴をしながらワーケーション福袋」【限定3個】
 八ヶ岳高原ロッジのデラックスツイン[1室1名さま6泊7日朝食6回付]の福袋。価格:10,001円

・「マインドフルネス瞑想福袋」【限定1個】
 メディテーションポッドRにオンラインセミナーなどをセットした福袋。

 価格:4,950,000円※設置費込み、施工費別途

・「~子供の夢を繋げる~ 大好きな選手からあなたへの特別なメッセージが届く夢の福袋 」 【限定3個】 対象店舗総計[対象店舗:西武池袋本店/西武所沢S.C./そごう大宮店]


西武ライオンズの希望の選手からのビデオメッセージDVDや、選手のサイン入りグッズなどの中学生以下のお子様対象の福袋 価格:2,022円

西武の福袋

松屋銀座

・「俺たちの銀ブラ福袋」5袋  55,000円 1月2日から店頭で販売。

オーダースーツで銀座の街歩きを楽しむ 。

スーツに加えて理容室の予約券や中華レストランの食事券もセットにし、

「銀座の街の活性化につなげたい」(広報担当)という。参照:時事通信社11/12(金) 7:11配信より

・「松屋フォトスタジオ」家族の記念日福袋 64,350円(税込)

フォトスタジオでの記念撮影(六切プリント6cut、高級レザー台紙1冊仕上げ)

利用期間:2022年1月17日(月)~2022年5月15日(日)

高島屋

・「豪華キャンプグランピング」運べる建築空間 ZERO POD(ゼロポッド)3台限定の抽選販売 190万円

 1月2日から日本橋店(東京)店頭とホームページで申し込み開始。

*商品画像はイメージです。

各百貨店で福袋の内容が続々と発表になっています。

12月に続きます。