2024年7月 百貨店のニュース

大手百貨店6月売上高4社そろって増、夏物・ラグジュアリーブランドが好調 

2024年7月1日(月)

大手百貨店4社が発表した6月の売上速報によると、三越伊勢丹前年同月比24.2%増、J.フロントリテイリング(百貨店事業合計)20.2%増、エイチ・ツー・オーリテイリング(阪急阪神百貨店全店計)25.5%増、高島屋各店計(国内百貨店子会社含む)17.1%増だった。サングラス、サングラス、衣料品など夏物アイテムが好調に推移。インバウンドもラグジュアリーブランドを中心とする高額品が伸びている

■三越伊勢丹HDの2024年3月期売上高は5364億円で、伊勢丹新宿本店店頭の売上は前年比28.6%増加、三越日本橋本店店頭17.2%増、三越銀座店39.2%増などで、三越伊勢丹計24.2%増だった。また、国内グループ百貨店計でも売上は10.0%増加した。高付加価値商品の売上が伸びており、ラグジュアリーブランドやデザイナーズブランドの商品などが好調だった。免税売上も高く、ラグジュアリーブランドの商品への関心が続いている。

■J.フロントリテイリングは、2023年2月期の売上高が前年比18.9%増となり、博多大丸や高知大丸を含む百貨店事業も20.2%増加した。6月には気温の上昇に伴い、パラソルや化粧品などがよく売れた。外商売上も2ケタ増加し、15店舗中14店舗が前年実績を上回り、大丸松坂屋百貨店の免税売上高も前年比135.9%増で好調だった。

■H2Oリテイリングは、2024年3月期に売上高6574億円を達成した。百貨店事業の全店売上高は前年比25.5%増で、特に阪急本店が35.7%増で好調だった。梅雨の遅れや高温で、真夏日向けの商品が売れ、全店の売上高は前年比で約3割増加した。免税売上高も2.7倍に伸び、阪急本店は13カ月連続で売上高の過去最高を更新した。100万円以上の高額品の売上高は前年比で約4割増となっている。

■2024年2月期の高島屋の営業収益は4661億円で、高島屋各店計は17.2%増、岡山高島屋、岐阜高島屋、高崎高島屋を含めた国内百貨店計は17.1%増だった。梅雨の影響で晴雨兼用傘やジャケットなどが好評で、インバウンドでは高級ブランド商品の売り上げが伸びている。大半の店舗と商品カテゴリーが前年を上回る成績を収めた。

                                  流通ニュース

西武池袋本店「百貨店のイメージもキープされている」…豊島区長が改装計画に賛同

2024年07月03日(水)

 そごう・西武が示した西武池袋本店(東京都豊島区)の改装計画について、豊島区の高際みゆき区長は3日の定例記者会見で、「百貨店のイメージもキープされている」と賛同する考えを示した。

 そごう・西武は6月、同店を2025年1月以降、段階的に改装オープンし、百貨店の売り場面積はほぼ半分に縮小すると発表した。高級ブランドは、出店数は減るものの、売り場面積は拡大する。化粧品や「デパ地下」と呼ばれる食料品売り場も強化する。

  同店の土地や建物はヨドバシホールディングスが取得しており、25年以降に家電量販店が出店を予定している。このため、「地域の顔」として親しまれる百貨店の改装で、街のイメージが変わることを懸念する声が上がっていた。 

                               読売新聞オンライン