2024年6月 百貨店のニュース

大手百貨店 5月売上高4社そろって2割超増、インバウンド好調続く

2024年06月03日(月)

大手百貨店4社の5月の売上速報では、三越伊勢丹が23.4%増、J.フロントリテイリングが21.3%増、エイチ・ツー・オーリテイリングが29.1%増、高島屋が21.6%増だった。インバウンド売上高は高額品が好調で、各社が過去最高を更新した。

三越伊勢丹(2024年3月期売上高:5364億円):伊勢丹新宿本店・三越日本橋本店・三越銀座店を中心に売上が伸びており、3店舗共に11カ月連続で2018年度を上回る実績で推移している。三越伊勢丹計23.4%増。国内グループ百貨店計は8.2%増、国内百貨店計は17.7%増となり、高付加価値商品が好調だった。免税売上は、国内百貨店計(既存店)で単月最高売上高を更新した4月をさらに大きく更新した。

J.フロントリテイリング(2023年2月期総額売上高:1兆1519億円):大丸松坂屋百貨店の売上高は前年同期比21.3%増加した。5月の売上高は休日が1日少なかったことでマイナス影響を受けたが、ラグジュアリーブランドや化粧品の売上が好調であり、外国人観光客向けの売上も増加した。店舗別では、15店舗中12店舗が前年を上回り、名古屋店は婦人服売場の面積が減少したが、訪日外国人による売上が伸びた。大丸松坂屋百貨店の免税売上高は過去最高であり、名古屋店、神戸店、京都店などが高い伸び率を示し、客数や客単価も増加している。

エイチ・ツー・オー リテイリング(H2O)(2024年3月期売上高:6574億円):百貨店事業全体の売上高は前年比29.1%増加し、阪急本店は46.1%、阪神梅田本店は8.9%、支店計は12.0%増加した。ゴールデンウィーク商戦や母の日、インバウンドが好調で、免税売上高は前年比で4.0倍に増加し、阪急本店は4.1倍となった。売上高は12カ月連続で過去最高を更新し、単月でも4ヶ月連続で最高を更新した。阪急本店の売上高は前年比で約5割増加し、婦人・紳士ファッションやアクセサリーが人気であり、100万円以上の高額品の売上高も前年比で約7割増加した。

高島屋(2024年2月期営業収益:4661億円):高島屋各店計は23.2%増、岡山高島屋、岐阜高島屋、高崎高島屋を含めた国内百貨店計は21.6%増だった。気温の上昇により、夏物婦人服・婦人雑貨の売り上げが好調だった。インバウンド客は高級ブランド商品を中心に購入し、過去最高の売上高を3ヶ月連続で更新。大阪店、京都店、日本橋店、横浜店、新宿店、玉川店、大宮店、岐阜店、高崎店が前年を上回る売上を記録。14店舗での商品別売上高は、紳士服、紳士雑貨、婦人服、婦人雑貨、特選衣料雑貨、宝飾品、スポーツ用品、生活雑貨、美術品、サービスが前年を上回った。

                                  流通ニュース

西武池袋本店、百貨店半分に 25年1月から段階的に開業

2024年6月10日(月)

 そごう・西武は、西武池袋本店を2025年1月から段階的にリニューアルオープンすることを発表した。家電量販店の出店により、百貨店面積は半分になり、高級ブランドや化粧品、食品に特化した店舗として全面改装される。改装案では、売り場面積約4万8000平方メートルに約380店が入る予定で、全面開業は2025年夏を予定している。

 一方、ヨドバシカメラは、JR池袋駅に近い本館での開業を予定しており、西武池袋ではすでに改装工事が始まっている。これにより、西武池袋は高級路線に転換し、競争が激しくなる中で顧客を維持する課題が生じている。また、セブン&アイ・ホールディングスがそごう・西武を売却したことで、フォートレス・インベストメント・グループが経営陣に就き、改装案の策定やテナントとの交渉を進めている。

                                  日本経済新聞

経営再建中の百貨店「山形屋」4期ぶりに黒字、本業で営業利益1億円…物産展が好調で

2024年6月14日(金)

 私的整理で経営再建を進めている百貨店の山形屋(鹿児島市)は13日、2024年2月期決算(単独)で、本業のもうけを示す営業利益が1億円(前期は2億円の赤字)と4期ぶりに黒字化したことを明らかにした。

 物産展が好調だったことなどが要因で、売上高は前期比2・5%増の162億円だった。 最終利益は、支払利息の増加などの影響で6億円の赤字(前期は7億円の赤字)だった。あわせて同日の定時株主総会と取締役会で、メインバンクの鹿児島銀行から出向者1人を取締役常務執行役員として受け入れることを決めた。

                               読売新聞オンライン

大丸心斎橋店、大阪・関西万博控え大規模リニューアル 約70店順次オープンへ

2024年6月14日(金)

 大丸松坂屋百貨店は、2025年の大阪・関西万博を控え、大阪市の大丸心斎橋店(中央区心斎橋筋)本館で大規模リニューアルに入る。 訪日外国人観光客の需要や若年富裕層のニーズに合わせ、ラグジュアリーの強化を図る方針で、7月から2025年にかけて約70店が順次オープンする。

 リニューアルは「世界が憧れる心斎橋へ」という本館建て替え時のコンセプトに基づき、売り上げが伸びている訪日客や若年富裕層のニーズを見据えて出店する店舗を入れ替える。その第1弾となる7、8月には、ラグジュアリーブランドなど13店がオープンする。  第1弾で出店するのは、フランスの皮革製品ブランド「エス・テー・デュポン」や、世界的に有名な調香師ジャン=クロード・エレナ氏が指揮するフレグランスブランドの「ル・クヴォン・メゾン・ド・パルファム」。  

 このほか、美容機器・コスメの「リファ・ショップ」が売り場面積を拡大して西日本最大級の店舗に生まれ変わるほか、健康・美容器具の「シックス・パッド」が旗艦店としてリニューアルする。

 大丸心斎橋店本館は2019年に建て替えオープンした地下3階、地上11階建て延べ約6万6,000平方メートルで、うち売り場面積が約4万平方メートル。店舗の東側を通る心斎橋筋商店街はコロナ禍の一段落を受け、連日大勢の訪日客が押し寄せている。その結果、大丸心斎橋店は2023年2月期、2024年2月期決算とも前期を30%以上上回る売上高を上げたのに加え、5月の売上高も前年同月比50%増を超す好調ぶり。

                                    財経新聞