2024年5 月 百貨店のニュース

老舗百貨店の山形屋が私的整理へ 負債総額360億円、営業は継続 鹿児島市

2024年5月10日 

 鹿児島市の老舗百貨店、山形屋が金融機関から支援を受け、経営再建に着手することがわかった。新型コロナウイルスの影響で売り上げが低迷し、約360億円の負債を抱えている。再建計画案では、株式化や組織再編などが柱として挙げられており、営業は続けられる予定。創業家が経営に関わり続ける方針で調整が進められており、債権者会議が予定されている。

※山形屋 1751年に紅花仲買と呉服行商として創業し、1917年に株式会社化。百貨店業を開始し、店舗を拡大しながら物産展や文化催事にも取り組んでおり、「北海道の物産と観光展」は道主催の物産展として2022年までに34回もの売上日本一を記録。グループ企業は23社を有する。                         南日本新聞